金融機関の名義変更

金融機関の名義変更 期限:できるだけ速やかに

金融機関ごとに指定された相続手続を行う必要があります。

相続届などの必要書類の提出

相続を行う際、金融機関指定の書類や用紙を一式提出します。金融機関によっては口座のある支店以外の支店でも手続を行える金融機関もあるので確認しておきましょう。

一般的な提出書類一覧
<遺言がない場合> <遺言がある場合>
・相続人全員の印鑑証明書

・相続関係を証する戸籍謄本等

・相続届

・協議が成立している場合は遺産分割協議書など

・遺言書

・相続関係を証する戸籍謄本等

・相続届

・払い戻しを受ける者の印鑑証明書など

<共通して必要なもの>
手続を行う者の身分証明書、クレジットカード、通帳、貸金庫の鍵など
金融機関の相続届の書き方

※金融機関ごとに指定の用紙がありますが、基本的な体裁や趣旨は大きな違いはありません。また、遺言がない場合は相続人全員の署名・押印が必要となってきます。

ゆうちょ銀行の場合

ゆうちょ銀行の定額貯金や郵便貯金などの相続手続の場合も、他の金融機関と同様の流れで行います。ここではゆうちょ銀行の相続確認表と相続手続請求書の書き方を確認しましょう。

ゆうちょ銀行の相続確認表の書き方

 

※相続確認表は最寄りのゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口で受け取ることができます。またホームページでの取得も可能です。

ゆうちょ銀行の相続手続請求書の書き方


大切な方の亡くなった後の相続手続をトータルサポート 無料相談のご予約はこちら 0243-24-6585 メールお問い合わせ 24時間受付