解決事例

公正証書遺言に基づいて名義変更を行ったケース/遺言・名義変更・福島

状況 亡父が公正証書遺言を残していたケース。 ご本人が遺言書を持参され、遺言に基づく手続のご依頼をいただきました。   司法書士の提案&お手伝い 公正証書遺言の内容を実現するための相続登記の申請を行いました。 対象不動産の中に、農地と山林が含まれていたため、名義変更の手続きの後、森林法と農地法で必要となる届出を行いました。 森林法と農地法の届出は行政書士として受任し、
続きを読む >>

相続人全員が遠方であるが,不動産が福島にあるケース/相続登記・福島

  状況 亡父の遺産の中に、福島(=父の実家)の不動産が含まれており、相続手続きがなされていないケース。 ホームページを見て当事務所を知り,お問い合わせがありました。 当事務所の司法書士の提案&お手伝い 遺産分割協議書の作成からお手伝いさせて頂きました。 不動産全てについては長男にということで、他の相続人の同意も得て,協議書を作成しました。 ご依頼者様は岡山で暮らした
続きを読む >>

多数の不動産を含む相続手続をまとめて行ったケース/相続登記・福島

  状況 農業を営んでいた父が亡くなり,農業を継いでいる長男に相続登記をしたいとの相談を受けたケース。 遺産に多数の土地(田畑,宅地,用水路等),建物が含まれていました。 併せて,預貯金の相続手続きもまとめて依頼したいとのことでした。 当事務所の司法書士の提案&お手伝い 遺産分割協議書の作成からお手伝いさせて頂きました。 不動産全てについては長男に、他の預貯金等については母に
続きを読む >>

2代分の相続を,1回の登記申請で行ったケース/相続登記・福島

状況 「祖父の名義のまま登記が放置されており,どのような手続きが必要であるのか?」とのご相談を受けたところ, ご依頼者様が,遺産分割協議書を所持していたケース 当事務所の司法書士の提案&お手伝い 遺産分割協議書を精査したところ,「祖父の相続に関して,父を相続人とする」ということを内容としていました。 そのため,通常は2回の相続が発生しているため,登記も2件必要となりますが,中間の相
続きを読む >>

遠方の方より相続登記のご依頼をいただいたケース/相続登記・福島

状況 被相続人に実子がなく,夫婦で養子となっていたものの,夫(養子)が既に亡くなっていたケース。 ホームページを見て遠方よりお問い合わせ。相続登記のご依頼をされました。 当事務所の司法書士の提案&お手伝い 司法書士が先方の元へ出張訪問させていただきました。 その際、相続登記と併せて,自宅敷地に隣接する里道の名義変更についてのご相談も受けました。 そして,市役所への法定外公共物(農
続きを読む >>

成立した遺産分割調停に基づき相続登記をしたケース/相続登記・福島

状況 長女・次女・長男それぞれに弁護士が代理人としてつき,遺産分割調停が行われていたケース。 次女の代理人弁護士よりご紹介があり,成立した遺産分割調停調書に基づいた登記申請の依頼がありました。 司法書士の提案&お手伝い 相続登記後,対象不動産の売却の予定があるため,相続登記と売買に基づく所有権と抵当権設定登記も併せてお手伝いさせて頂きました。 また,売却先となる株式会社が,ご依頼人が
続きを読む >>

自筆証書遺言のあるケース/遺言・福島

※プライバシー保護のため,実際の事例とは異なるケースにしています 状況 「妻に全財産を相続される」ことを内容とする自筆証書遺言が残されていたケース。 自筆証書遺言を当事務所に持参され, 「この遺言は有効か?」「もし有効なら遺言の内容に基づく登記ができるか?」とのご相談がありました。 司法書士の提案&お手伝い 遺言書を精査し,民法上の要件の具備を確認。 また,自筆証書遺言であるた
続きを読む >>

大切な方の亡くなった後の相続手続をトータルサポート 無料相談のご予約はこちら 0243-24-6585 メールお問い合わせ 24時間受付